この記事は約 3 分で読めます

売れっ子芸能人には、専属メイクとスタイリストが付いているのは当たり前ですが、そういった人たちが制作費削減で苦しむテレビや映画の世界で”目の上のタンコブ”となっているんだとか。

 

ネタ元は週刊実話なのですが、その銭ゲバぶりがあまりにも興味深かったので、ご紹介いたします。

 

「売れっ子芸能人に、金魚のフンのようについてくるのがスタイリストとメークなんです。ペアでやって来ては、高いギャラをもらっている。制作費赤字の3割は、この2人に対するギャラですよ」(制作会社幹部)

ちなみに、気になるギャラの内訳だが…

 

「NHK大河ドラマの主演クラスともなればスタイリストで1本50万円~。メークが40万円~。しかも、タクシー代や弁当代も別途支払うんです。おまけに、タレント並に控室をあてがわなければならない。本来はタレントの部屋に行ってメークとスタイリングを済ませればいいんですが…」(制作会社AD)

こうした銭ゲバ連に、もっとも頭を抱えているのが、バラエティー番組の制作現場だという。

 

「確かに、ドラマや映画はこうしたスタイリストやメークがいないと成立しないが、バラエティーの場合は、局専属のメークで大半がまかなえるんです。衣装だって、そんなに個性的な服は必要ない。だから、ドラマの10分の1の金額提示になってしまうんです」(放送作家)

ところが、たちの悪いスタリストに当たると、タレント事務所からクレームがテレビ局に入るという。

 

「特にアイドルを数多く抱えるJ系はひどい。平均で10~20万円吹っ掛けられます。ぶっちゃけ、局の衣装さんが用意した服を着ればいいんですよ!」(キー局プロデューサー)

 

セレブと呼ばれる超売れっ子スタイリストともなれば、軽く年収は5000万円を超えるという。

 

「制作現場にはポルシェやベンツなどの高級車がずらりと並ぶ。タレントかと思ったらスタイリスト、メークなんてパターンがしょっちゅう」(テレビ関係者)

制作費に見合う適正価格に見直すべきだ。

[週刊実話]

 

[スポンサーリンク]

 

あらあら、ジャニーズさん、ほぼ名指しで言われちゃいましたね!

 

ま、キラキラアイドルですから、女優さん以上にファッションやメイクには最新の注意を払わなくちゃいけないと思いますけど、バラエティで20万円近くのギャラを吹っかけられたら、そりゃあ「ふざけんな!」ってなりますよね。

 

本来であれば、そのお金で若い芸人さんや売り出し中のタレントを出演させることも出来ますから、“金魚のフン”と迷惑がられても仕方ないような。

 

それにジャニーズ側としても、そういった裏方さんたちへのギャラをカットする代わりに若手アイドルの出演機会を増やしてもらったら、メリットはあると思いますけどね。

 

まあ、業界の慣習を改めるのはなかなか難しいかもしれませんが…

 

ちなみに、この記事を見て真っ先に思い出したのが”チーム中居”のこと。
チーム中居の強固な絆の裏にある4つのルール

 

中居くんのことですから、あまり制作現場に迷惑を掛けるようなことはしていないとは思いますが、ジャニタレの中には評判のあまりよろしくない人もいるみたいで。。

 

つまらないことで干されないよう、注意して欲しいところです。