この記事は約 3 分で読めます

テレビ朝日のバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が、10月改編で終了することが明らかになりました。

 

2014年10月にスタートして以来、様々な有名人が自らのしくじり体験を告白して注目を集めてきましたが、さすがにネタ切れになってしまったのでしょう。

 

まあ、番組の内容からいっても、仕方ないですよね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しくじり先生 俺みたいになるな!! 特別版 第7巻【Blu-ray】 [ 若林正恭 ]
価格:4829円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)

 

すでに後継番組として、村上信五くんと黒木瞳さんが司会を務める音楽オーディション番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」が決まっているそうです。

 

内容は、歌唱、ピアノ、ダンスなど音楽のあらゆるジャンルで次世代のスターを目指す“未来の大物アーティスト”たちが“音楽チャンプ”の座をかけて真剣バトルを繰り広げるというもので、「辛口のプロ審査員とロボット採点機・チャンプくんが審査する新しいスタイルのエンターテインメントショー」とのこと。

 

ロボット採点機というブラックボックスを採用することで、いくらでもヤラセができそう…というのは冗談にしても、個人的にはちょっと興味があります。

 

でも、5年10年と続けていくには、ちょっと厳しいような。。

 

ちなみに、村上くんと黒木さんがMCとして初タッグを組んだ前身となる単発番組は、6月30日に放送されたばかり。

 

約3カ月でのレギュラー化に、村上くんも「まさかのスピーディーな立ち上がりに驚くばかりですが、一度やらせて頂いてたくさんの可能性を感じました」と驚いていました。

 

「音楽というくくりですので、歌だけに限らず、さまざまなジャンルに企画の門戸を広げ、次世代のスターを目指してチャレンジしていただきたいと思います。音楽の世界に夢見る方々は誰しもいろいろな形式のオーディションを受けてきたかと思います。この番組で音楽という夢を追う方への厳しいながらのお手伝いを黒木さんと共にできればと思います」(村上信五)

 

「挑戦者たちのパフォーマンスは、私に感動と刺激と勇気を与えてくれました。これからどんな挑戦者たちが現れるのか楽しみでなりません。『音楽チャンプ』は、未来のエンターテイナーを育てる画期的で刺激的な番組です。司会者として、挑戦者たちにエールを送り続けたいと思います」(黒木瞳)

[毎日新聞]

 

[スポンサーリンク]

 

それにしても、こちらにも書いた通り、ここ最近のテレ朝はジャニーズとの関係を深めています。

 

こうなると心配になるのが「中居正広のミになる図書館」がどうなるかということ。

 

最近は視聴率も低迷していますし、もしかしたら「ミになる図書館」を打ち切る代わりに、村上信五くんを新番組に抜擢したとか?

 

そもそも、「しくじり先生」は「ミになる図書館」のゴールデン進出に伴って月曜午後8時枠から日曜午後10時枠に移って、結果的に終了となってしまいました。

 

引越し前は10%くらいの視聴率はあったんですけどね。

 

一方、最近の「ミになる図書館」はその半分チョイの視聴率しか取れてないですから、普通に考えたら危ないでしょう。

中居正広の黒歴史確定!「ミになる図書館」が打ち切りになるのは時間の問題

 

10月改編でサヨウナラ…とはならないかもしれませんが、半年で数字が改善されないようなら、来年3月いっぱいでジ・エンドとなる気がします。