この記事は約 2 分で読めます

10月28日、稲垣吾郎くん、草彅剛くん、香取慎吾くんの3人が、「72時間ホンネテレビ」の前番組となる「7・2分でSNSを学ぼうSP」(AbemaTV)に出演しました。

 

番組内容は、3人がSNSについての基礎知識と良い投稿、悪い投稿などの具体例について講習を受けるというもの。

 

「一つの悪口というかネガティブなほうが、100ポジティブなこと言われても残りますもんね」(稲垣くん)

 

「今までも“いいね”って思ってくれる皆さんの言葉を信じてやってきましたから、その思いでいればいいんですよね」(香取くん)

 

メンバーからはこんな感想がありましたが、これからSNSに挑戦するという中高年のSMAPファンの方々にも参考になったのでは?

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【謝恩価格本】SMAPファンあるある [ 火月にのみ ]
価格:582円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)

 

 

ところで、気になるのは番組視聴者数。

 

11月2日午後9時から72時間に渡って生放送される「72時間ホンネテレビ」にちなみ、7.2分、つまり7分12秒ピッタリで終了するミニ番組でしたが、スポーツ報知によると「終了時の視聴者数は約165,000を記録した」とのこと。

 

これ、多いのか少ないのか気になりますよね?

 

そこで、AbemaTVが公開している視聴者数ランキングを観てみると、10月28日は「新世紀エヴァンゲリオン」の一挙放送が首位で802,400、10位が「魂の七番勝負〜若手VSトップ棋士〜 第五局」で370,100、そして「7・2分~」は182,000で30位でした

 

これ、一見すると微妙な数字に見えますが、他の番組はほとんどが2時間以上の長時間番組なんですよね。

 

ネット動画系サービスが公開している「視聴者数」というのは「累計アクセス数」のことで、これはウェブサイトのページビューに近い意味で使われています。

 

つまり、サイトの記事ページが多ければ多いほどページビューが増えるケースが多いのと同様に、放送時間が長ければ長いほど視聴者数が増えると思われます。

 

なので、たった7分間でデイリーランキング30位に入ったというのは、かなり期待できる数字と言えるのではないでしょうか?

 

ちなみに、番組にはコメントが3800以上も寄せられていましたから、視聴者からの関心が高いことは間違いなさそうです。

 

「72時間ホンネテレビ」は、5月7日放送の「亀田興毅に勝ったら1000万円」が持つ歴代最高記録1420万を超えることが目標とされていますが、果たしてどうなることやら…

 

って、よくよく考えたら、視聴者数の累計で競うわけですから、72時間も放送すれば他番組よりも圧倒的に有利ですよね?

 

うーむ、飯島三智、恐るべし…