この記事は約 2 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

8月21~22日に放送された「24時間テレビ」の世帯平均視聴率が、昨年の15.5%から3.5ポイントも下落し、歴代でも下位にあたる12.0%だったことをお伝えしました。

 

それでは、スペシャルドラマはどうだったのかというと…

 

 

[以下引用]

「『24時間テレビ』ではスペシャルドラマの放送が恒例となっていますが、今年はKing&Prince・平野紫耀主演の学園ドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』が放送され、15.3%を記録。これは、主演をほぼジャニーズが務めるようになった1997年のKinKi Kids・堂本光一主演『勇気ということ』以降では、2004年の滝沢秀明主演『父の海、僕の空』の14.0%に次ぐワースト2位となります」(芸能ライター)

 

なお、『24時間テレビ』内のスペシャルドラマは、06年以降、ジャニーズ主演で一貫しているが、その中で視聴率トップは、08年の嵐・松本潤主演『みゅうの足パパにあげる』と17年のKAT-TUN・亀梨和也主演『時代をつくった男 阿久悠物語』で、共に25.6%。これに続くのが、12年の嵐・二宮和也主演『車イスで僕は空を飛ぶ』で、23.8%だった。

 

「近年は、18年にSexyZone・中島健人が主演を務めた『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』が16.2%、19年に嵐・相葉雅紀が主演を務めた『絆のペダル』が18.0%と、20%を割ることもありましたが、昨年、重岡が主演を務めた『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』は22.6%の高視聴率をマーク。重岡の一般知名度はそこまで高くないことから、主演俳優の人選はあまり関係ないのかもしれません」(前同)

[サイゾーウーマン]

 

 

今年はコロナ第五波の中、数多くの反対意見を押し切って強行放送に及んだのに加え、日テレが社員によるバーベキュー集団感染を隠蔽していたことが直前に発覚したこともあり、「24時間テレビ」に対してかなり冷めた視線が向けられていました。

 

また、直前まで東京五輪一色になっていたことから、例年に比べて十分な番宣ができなかったという見方もあるようです。

 

まあ、言い訳はいろいろとあるでしょうけど、とにかく数字が良くなかったという事実は未来にも残るわけですし、キンプリ、そして平野くんにとっては残念なこと。

 

メンバーたちは与えられた過酷な仕事を一生懸命こなしていただけに、ちょっとかわいそうな結果でした。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[枚数限定][限定盤]I promise(初回限定盤B)/King & …
価格:1452円(税込、送料別) (2021/8/24時点)

楽天で購入