この記事は約 4 分で読めます

 

[スポンサーリンク]

 

 

月9ドラマ『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』の視聴率が右肩下がりで、フジテレビ局内が異常な緊張感に包まれているといいます。

 

 

同作は裁判官や弁護士を目指す落ちこぼれ学生たちを、北川景子さん演じる裁判官・柊木雫が正しい方向に導くという内容。

 

 

初回視聴率こそ10.5%と二桁発進だったものの、第2話でなんと7.9%まで急落し、第3話も7%と下がり続けています。

 

 

 

 

 

[以下引用]

「ストーリーがとにかく陳腐で、視聴者を飽きさせているんです。落ちこぼれが東大合格を目指す『ドラゴン桜』のように〝試験に受かるコツ〟を教えるのでなく、裁判官の正義を学生に解く説教臭さが痛々しいとSNSなどでも酷評されています」(スポーツ紙記者)

 

それでもテレビ離れが進む中、7%台ならまだ悲観する数字でもないが、フジテレビはなぜかジャニーズ事務所に怯えているというのだ。

 

「このドラマの放送終了後、4月期からの月9枠に木村拓哉が主演を務める『風間公親-教場0-』が控えているからです。スペシャルドラマとして人気だった『教場』の連ドラ化で、木村にとっても久しぶりの月9主演とあって失敗は許されない。それだけに、『女神の教室』が低視聴率のまま終わり、木村にバトンタッチすることはフジとしては絶対に避けたい。現状、厳しい数字になってきているため、『教場』の撮影現場も、緊迫した雰囲気になっていると言われています」(前同)

もともと木村は、『教場』シリーズの連ドラ化に反対していたという。重厚なストーリーが売りなので、スペシャルドラマとしてじっくりと作品に向き合いたいとの思いが強かったのだ。

 

「しかし、月9枠の復興が至上命題になっているフジに懇願され、渋々連ドラ化に応じたようです。『教場』はすでに映画化の話も進んでいるとされ、最低ラインでも全話平均で2桁視聴率を死守しなければならない。フジのドラマ制作スタッフは悲壮な覚悟で臨んでいるのです」(前同)

 

こうした背景があるため、『女神の教室』を放送中にも関わらず、番宣もすでに『教場』にシフトしている。

 

「木村さんは、公開中の映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』のPRでテレビに出ずっぱりです。フジはこの流れのまま『教場』の番宣につなげたい意向のようです。ジャニーズからのプレッシャーも半端ないと聞いていますから、フジは『女神の教室』の視聴率回復は半ばあきらめ、今から木村さんのドラマの番宣に全集中する構えのようです」(他局スタッフ)

[週刊実話]

 

 

レジェバタ、初週の数字が出ましたね。

 

 

週末3日間で観客動員37万1,000人、興行収入4億9,700万円。

 

 

普通の映画なら「大ヒットに向けて好発進!」となるところですが、最低合格ラインと言われる45億円に届くか?となると微妙なところ。

 

 

ちなみに、映画についてはおおよその目安として、「初週の7倍が最終の数字になる」とも言われています。

 

 

小栗旬さん主演で藤ヶ谷くんも出演した2016年の映画「信長協奏曲」は、初週約6.1億円で最終46.1億円でしたから、それに照らし合わせるとレジェバタは上手くいって30億を超えるくらい?

 

 

うーむ、微妙かも・・

 

 

◆静香さんが嫉妬してますよ!

Cinema★Cinema SP.2023Winter(表紙:木村拓哉&綾瀬はるか) - シネマシネマ編集部
Cinema★Cinema SP.2023Winter(表紙:木村拓哉&綾瀬はるか)

[Amazon]

 

 

さて、「教場」を前に「女神の教室」が爆死してしまったらヤバい・・とフジテレビは戦々恐々としているようですが、こちらは多分大丈夫なのでは?

 

 

今回は「教場0」をベースに、風間教官が捜査官時代の物語が描かれるとのことで、警察学校を舞台としたこれまでのドラマとは全く異なる内容になります。

 

 

しかも、過去二作のヒットで固定ファンが付いていて、すでに原作もありちゃんと面白い内容ですから、よほど脚本が酷くない限り大コケすることはないと思います。

 

 

たとえ、「女神の教室」が月9最低を更新してしまったとしても、そこからバトンを受け取ったキムタクがどこまで巻き返すのか、逆に注目を集めて良いのでは?

 

 

って、北川さん、ごめんなさい。。

 

 

ただ、気になるのは草彅くんの「罠の戦争」が視聴率15%超えも達成しそうな件。

 

 

こちらでもご紹介しましたが、

 「罠の戦争」視聴率好調スタートにフジテレビが渋い顔をする理由

 

 

放送時期と枠は違うものの、「教場」と”SMAP対決”として比べられるのは必至なだけに、フジテレビやキムタク陣営としては気が気でないはず。

 

 

本日30日にはこんなイベントもありますし、

 木村拓哉と草彅剛の”裏被り対決”にSMAPファンだけでなく業界からも熱視線

 

 

ちょっと面白い展開にもなってきたので、外野としては楽しみたいところです。

 「罠の戦争」でSMAPメンバーが奇跡の大集結!木村拓哉を巡る状況にも変化の兆し

 

 

それにしても、キムタクってもう50歳なんですよね・・

 

 

ここまで年齢を重ねても、まだ芸能界で圧倒的な注目度を誇っているんですから、ホント、スゴイことだと思います。

 

 

もし、ジャニーズから独立したら、ちょっとは落ち着くのかな?