この記事は約 2 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

つい先ほど、チュートリアルの徳井義実さんが東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことが明らかになり、ネットがお祭り状態になっています。

 

 

[以下引用]

徳井さんは、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していた。

 

 

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。 また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘した。重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられる。 徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。

 

関係者は今回のケースについて「納税意識が欠如していると言わざるを得ない」と厳しい見方を示している。
[FNNプライム]

 

これはちょっとヒドイですね。

 

 

1億2000万円という金額もさることながら、あれだけの売れっ子タレントが3年間も無申告だなんて、ちょっと考えられないです。

 

 

そんなことをすれば一発でバレて大騒ぎになるのは分かりきったことなのに…

 

 

淡麗なルックスとは裏腹に、中身はただのアホなのか、それとも悪い意味で豪胆なのか。

 

 

吉本興業は「詳しい事情を調査中」とのことですが、闇営業問題に続き、再び所属タレントの不祥事によって面倒なことに巻き込まれてしまうかもしれません。

 

 

ちなみに、ジャニタレの中にも数億稼いでいる人はたくさんいます。

 

 

その中には表に出ていないものの、錦戸くんの「N.co」のように節税のための個人事務所を設立しているケースもあるでしょう。

 

 

女性スキャンダル、違法薬物だけではなく、脱税も社会的イメージは最悪ですから、十分注意して欲しいところです。

 

 

指名手配写真みたい。