この記事は約 2 分で読めます

  • 投稿 2019/09/29
  • 速報
[スポンサーリンク]

 

木村拓哉くんが音楽プロジェクトを始動することが正式に発表されました。

 

木村くんの動画配信サービス「GYAO!」の番組「木村さ~~ん!」で詳細を言及したもので、それによると、B’zの稲葉浩志さん、LOVE PSYCHEDELICO、[ALEXANDROS]、森山直太朗さん、槇原敬之さん、いきものがかりの水野良樹さん、Uru、Corneliusといった豪華なアーティスト陣が楽曲を提供するとのこと。

 

何度も噂がありましたし匂わせもありましたし驚きはないです。

 今度こそ木村拓哉がソロ歌手デビューへ

 

ネットでは、当然ですがキムタクファンは大歓迎、ジャニーズファンの反応は賛否ともに反応が薄い感じがします。

 

一般層は「否」が目立ち、「ワンフレーズだから聴けたけどねちっこいんだよなぁ」「クセが強いからアルバムだと疲れそう」「誰も聴かない」「やらなくていいのに」「特に歌好きにも思えなかったのに」といった声や、「Koki,作曲の曲入ってそう」「静香作詞でね」と言った声が。

 

特に反発を呼んでるのが、木村くんの「あと、ばっちに歌詞を書いてもらって」。「いつも思うけどばっち呼び失礼」「謙虚さがない」「他に言い方を知らないの?」等々。

 

また、再始動の経緯を「番組を中心にいろんなアーティストの方が来てくれたりして、みなさんの追い風というか、背中を押していただくような感じもありました。最大の要因、スイッチになったのは、みなさんから『音楽活動をやってよ』というメッセージをたくさんいただきまして。ちょっとスイッチ入りました」と説明したために、「やりたいからって言えないかなあ?」「求められたからやります、じゃないといけない人なんだね」と言った声も。

 

いろんな声はありますが、ソロデビューというのは思い切りましたね。

 

売上はまあどうにかなるにしても、ライブ開催も視野に入れてると話してましたし、実際どのくらい集客できるのか、キムタクの底力が試されます。