この記事は約 3 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

ダンサー&俳優として活動している屋良朝幸くんが、来年1月31日を以てスマイルアップを退所することを発表しました。

 

 

公式発表によると、「今年の春頃に屋良本人から、40歳最後の日となる節目のタイミングで新たなチャレンジをしていきたいとの申し出がありました」とのこと。

 

 

しかし、昨年頃から旧ジャニーズからはどんどん振付師が流出してしまっているそうで、

 

 

「このままでは、踊れなくなってしまうのでは?」

 

 

と心配する声もチラホラ上がっているといいます。

 

 

 

 

[以下引用]

屋良は16歳頃から本格的にダンスに目覚め、2010年には米ロサンゼルスに2か月間、ダンス留学した。ここ数年は嵐、関ジャニ∞、旧ジャニーズJr.の振り付けやステージ上のダンスの構成などを担当。滝沢氏が主演、演出を務めた舞台「滝沢歌舞伎」にも出演していた。

 

「事務所でトップレベルのダンス技術の持ち主。滝沢氏がこだわっていた滝沢歌舞伎に出演するということは、それだけ滝沢氏も信頼を置いていたということ。TOBEはオーディションを行い、未来のタレントを発掘しようとしています。そのため『屋良が子供たちに振り付け指導を行うのでは』とみられています」(芸能プロ関係者)

 

実は、同事務所のジュニアのダンス指導をしていた有名な振付師が「TOBE」に次々と合流しているという。

 

「ある振付師も『TOBE』に合流したため、ジュニアたちがチャリティー番組などに出演した際、振付師がおらず問題になったことがあった。そこで屋良が振り付けを担当したこともあった。旧ジャニーズ事務所では、有名振付師の流出が続いており、人材不足が心配されます」(テレビ局関係者)

[東スポ]

 

 

屋良くんは1995年の入社組で、タッキーとは同期。

 

 

年齢もほとんど同じですし、Jr.黄金時代からその後の挫折、そこからの復活などを含め、タッキーとは”戦友”みたいな関係とも言えます。

 

 

昨年11月、タッキーが電撃退所してしまった時は、まだジャニーズがこんな状況に追い込まれるなんて誰も思っていなかったでしょうから、屋良くんが追随することはありませんでしたが・・

 

 

今回、このタイミングでスマイルアップからサヨウナラすると決めたのは、やはりタッキーと合流することが目的なんだろうな・・と思います。

 

 

恐らく、タッキー自身から「一緒にやろう!力を貸して欲しい」と強く誘われたのでは?

 

 

「屋良朝幸」episode1 孤高のパフォーマーが目指す先 - 屋良朝幸, 高橋佑, 原藤一輝, 重岡由美子, 尾花典子, 大島新, 髙木宏
「屋良朝幸」episode1 孤高のパフォーマーが目指す先

[Amazon]

 

 

また、新会社の社長として生え抜きジャニーズのヒガシさんではなく、福田氏という外様が招聘されることになったのも、決断の一因だったのかもしれません。

 

 

いずれにせよ、サンチェさんに続いて旧ジャニーズの有名振付師がTOBEに移籍するというのは、なんとも象徴的というか。

 

 

ただ、当たり前ですけど、振付師はジャニーズにしかいないわけではありません。

 

 

新会社に所属、もしくはエージェント契約したグループが「ダンスを踊れなくなる」なんてことにはならないでしょう。

 

 

ですが、旧ジャニーズらしさを受け継ぐという意味では、これからそういった要素がどんどん薄れてしまうのは避けられません。

 

 

また、振付師に頼るのではなく、グループメンバーの誰かが振り付けを担当するのも珍しくなくなりつつあるので、今後はより自己プロデュース力を磨いていく必要もあるかと。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME(初回盤Blu-ray)【Blu-ray】 [ Snow Man ]
価格:7,700円(税込、送料無料) (2023/11/11時点)

楽天で購入

 

 

ちなみに、TOBEは年末年始に東京ドームで所属タレントやオーディションに合格したデビュー予備軍たちを一同に集めて、デッカイお祭りを開催すると言われています。

 

 

で、そのダンスの振り付けのために人材を大量募集しているとの報道もあったので、もしかしたら屋良くんのTOBE初仕事はそれになるのかな?

 

 

いろいろと楽しみです。

 

 

タッキーが再び露骨な匂わせ!年末年始の”TOBE祭り”開催はほぼ確定か

 

 

よかったらシェアしてね!
カテゴリー