この記事は約 3 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

タイトル通り、ジャニーズ事務所がジャニーさんお別れ会について

 

「当日は、平服にてお越しくださいますようお願い申し上げます」

 

と要請したことが、「一般の部」に参列しようと考えていた方々にちょっとしたプレッシャーを掛けてしまっているようです。

 

 

 

 

要するに、いつも通りの普段着で行って良いのか、それともある程度フォーマルな服装をしなくちゃいけないのか、その判断がつかないと。

 

で、実際に行ってみたら、

 

「なんでそんなカジュアルなの?バカじゃないの!」

 

とか、

 

「平服って言われたじゃん!日本語理解できないの?」

 

などなど、うるさいお姉さま方にお叱りを受けて、ツイッターで晒されて、炎上してしまうんじゃないかと。

 

そんな心配をしている人が続出している模様。

 

「平服でお越しください」を日本語通りに解釈すれば、この場合はお別れ会ですから「略喪服」ということ。つまり、女性なら地味な色のスーツまたはワンピース、男性ならダークスーツです。

 

※これは「You やっちゃいなよTシャツ」

 

 

参考までに、ジャニーズ御用達と知られる「女性セブン」の「ジャニー社長お別れ会『一般の部』参列マニュアルの内容」という記事には、こんな記述がありました。

 

[以下引用]

「ジャニーズタレントのファンも大多数の方が参列するでしょう。“平服でお越しください”とありましたが、先日執り行われた“家族葬”に倣って関係者は喪服あるいはダークカラーの装いで行くようです。家族葬の時は、所属タレントたちは《I LOVE HIROMU》と書かれたうちわを持っていました。うちわなどの関連グッズぐらいは持参しても許されるのではないでしょうか」

[女性セブン]

 

 

とにかく、服装問題を気にしすぎて、ジャニーさんにお別れしたい気持ちを我慢してしまうなんて、本末転倒です。

 

お葬式ではないのだし、仕事の関係で略喪服は着られない方もいるだろうし、いつもよりおとなしい感じの普段着を着て、粛々とお別れしてくれば良いのではないでしょうか。

 

 

それよりも心配なのは、ヤラカシ系の非常識集団。

 

関係者の時間帯にタレント目当てでやってきたり、大勢でたむろって通行の邪魔をしたり、大声を上げたり、写真を撮りまくったり、飲み食いしてゴミをポイ捨てしたり、そういった非常識なことをして大々的に報じられてしまうと、ジャニーズのイメージがガタ落ちになります。

 

ジャニーズ事務所としても、そっちの方を不安視しているのでは?