この記事は約 2 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

中居くんがファンクラブの代わりに立ち上げた有料公式サイト「中居ヅラ あの子たちに…、」の会員数について、ラジオで次のような説明がありました。

 

 

[以下引用]

ラジオ番組『中居正広 ON & ON AIR』で、「“あの子たち”だけに僕のメッセージだとか思いみたいなのを。“あの子たち”だけに発信したい、送りたい」とファンへの情報発信が主眼にあるとし、当初は無料での運営や月額10円を予定していたものの、運営会社の都合なとによりこの価格設定になったと説明。

 

事実上のファンクラブではあるものの、「ライブ、イベント、“なんとかミーティング”やらないです。チケットの特典ないですから、これファンクラブじゃないの」などと、あくまで”ファンクラブ”はないと否定している。

 

また、ファンによる会員番号の報告から、一部では会員数が10万人に迫る勢いではとも話題になったが、特別な番号の取り合いなどトラブルに発展しかねないことから、会員番号はランダムに生成されており、申込み順や会員数とは関係ない数字になっているという。

[日刊サイゾー]

 

 

一部の実話誌が

 

 

「会員数は3000人にも満たない」

 

 

とフザケたことを書いたり、一部女性誌が

 

 

「開設から数日で会員番号が7万台になったので、実際にもそれくらいの入会者がいるようだ」

 

 

などと報じていましたが、とりあえず公式的には”不明”というのが正しいようです。

 

 

中居くん自身、運営がうまくいかなかった時には閉鎖することを前もって予告してるので、このまま続けば「赤字にはなってないよ」ということなんでしょう。

 

 

月額100円ですから、5万人で月500万円の収益。

 

 

設備費や人件費を考えると、このくらいが最低ラインなのかなあ…と予想します。

 

 

ま、目的は収益化以外のところにあると思うので、それが達成されることを願います。