この記事は約 2 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

先ほど↓の記事をご紹介しましたが、

 

 

井ノ原快彦の新潮インタビューで明らかになった矛盾点

 

 

イノッチはタッキーやキンプリ3人のことだけでなく、文春砲によるIMPACTorsの退社報道についてもアッサリと認めていたのは驚きました。

 

 

記事によると、12月中旬にイノッチが仕事の話をしにインパクの楽屋を訪れた際、

 

 

「突然、向こうから切り出されました」

 

 

とのことで、メンバーの意志の固さを感じてその場で了承したんだとか。

 

 

正直、イノッチにそこまでの権限があるとは思えないのですが・・

 

 

というか、彼らにどれほど強い決意を感じたとしても、とりあえず話だけ聞いて持ち帰りません?

 

 

一般社会的にはそっちの方が”常識的”だと思いますし、インパクは3月に大阪松竹座で、5月には東京・日本橋三井ホールで公演も控えているわけですから、

 

 

「ちょ、待てよ!お前ら、そんな急に言われても・・」

 

 

となって当たり前。それなのに、まったく慰留すらせず、

 

 

「よし、分かった。辞めてヨシ!」

 

 

と即断即決でOKするなんて、やっぱり何か隠してるように思えてしまいます。

 

 

まあ、彼らの退所を文春砲などに報じられるよりも、先に認めてしまったほうが世間的な印象が良いだろう、という考えが根底にあったのかもしれません。

 

 

ですが、やるなら「全部、正直に」話さないと、逆に疑念を生んでしまいます。

 

 

◆ですよね?

 

 

 

ちなみに、イノッチはインタビューの中で

 

 

「誰かの人生を邪魔して築きあげてきた“帝国”であれば、とっくに崩壊しているはずですよ」

 

 

とかなり挑発的な言葉を発していて、ネットでは

 

 

「それ、退所組の前でも胸を張って言えるのか」

 

 

というツッコミも多数ありました。

 

 

ホント、タッキー&キンプリ、SMAP、Love-tune、大野リーダーの前でも同じことを言えるんでしょうか?

 

 平野&滝沢に対するジュリーの鬼畜行為が明らかに

 Love-tuneの解散理由は上層部による嫌がらせが原因だったと判明

 

 

それとも、言わされたとか?

 

 

嵐表紙 2019年 【雑誌】ジュニアアエラ 24時間テレビ グラビア &スペシャルインタビュー マリウス葉 Sexy Zone連載 大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤 ジュニアエラ
嵐表紙 2019年 【雑誌】ジュニアアエラ

[Amazon]

 

 

[速報]大野智が年明け早々にも芸能界引退を発表か!タッキー事務所への電撃移籍の可能性も

 

 

さて、年明けすぐにジュリー社長名義で声明文が発表され、

 

「コンプライアンス体制の整備・実践」

「タレント・スタッフ・経営の三位一体体制」

「社会貢献活動の継続・発展」

「個性の尊重・人づくり」

 

という4つの公約が提示されましたが、世間の反応は冷ややかなもの。

 

 

 

「オキニばかり依怙贔屓するのはやめます」

 

 

 

公約はこれ一つだけで良いので、必ず実現して欲しいです。