この記事は約 2 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

11月9日に開かれる天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」で嵐が歌唱することが正式に発表されました。

 

これについて日テレの「スッキリ」で特集が放送されたのですが、その内容が嵐ファンを煽りすぎていて炎上しています。

 

実害が出そうで問題なのが、穴場、音漏れスポットを紹介したこと。

 

 

 

 

祝賀式典に入場できるのは招待者または抽選による当選者のみであり、嵐の出演する第2部の一般公募は約1万人です。

 

天皇即位のお祝いですから当然嵐ファン以外も応募するでしょうし、ファンクラブは関係ありませんからいつも以上に厳しいことになるでしょう。

 

抽選に外れる人も多いと思いますが、そんな人のために、なんと「スッキリ」では音漏れスポットを紹介するという愚行に出ました。

 

ファンも様々で成功してもらいたいから邪魔するようなことはしない、という至ってきちんとした人がほとんどだと思うのですが、どうしても目立つのが自己中心的な行動をする人たちです。

 

これまでもライブ会場近辺でチケットが買えず音漏れ参戦した人が民家エリアに入ったり、路上でゴミを置きっぱなしにしたりというマナー問題が指摘されてきています。

 

何もなくても、きっと多少の混乱はあったと思うのに、さらにそれを煽るような内容を「スッキリ」が放送してどうするんだという…

 「国民祭典」で嵐の歌唱力以上に心配される問題

 

混雑が起き事故が起きるかも、というところまで想像すれば、こんなこと報じられないと思うんですけどね。

 

国民祭典後、テレビなり週刊誌なりで「厳粛な祭典のウラではこんな修羅場が!」みたいな特集が組まれたら、その責任は「スッキリ」にあると思います。