この記事は約 4 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

キムタクが50歳を超えてついに大河ドラマで主演を務めるー

 

 

そんな噂が業界で流れているようです。

 

 

その発端は、松潤主演「どうする家康」を巡る御用メディアの報道だそうで・・

 

 

◆いよいよ出陣です!

 

 

 

[以下引用]

「初回放送日の1月8日、主演陣が参加するパブリックビューイングとトークショーがNHK主導で開催されるのです。観客を募集した結果、当選倍率196倍の参加申し込みがありました。このイベントの比較対象として引き合いに出されたのが、木村が参加した『ぎふ信長まつり』。当選倍率は約64倍でしたが、それぞれ応募総数や定員数が違うのに当選倍率ばかり取り上げられて、『木村より松本が上』と思われても不思議ではない報じられ方だったのです」(大手スポーツ紙デスク)

 

松本ばかりに注目するかのような報道が木村のプライドに火をつけ、大河ドラマに出演する意欲を燃やし始めたという。

 

 

「これまでNHKは水面下で何度も主演オファーをかけ続けていましたが、スケジュールの都合で断られていました。もし実現したら高視聴率を獲ることは間違いない。織田信長か、木村自身がファンであるという伊達政宗を演じるのではないか、などと言われています」(番組制作会社幹部)

[現代ビジネス]

 

 

これに関しては、当サイトが最も早く「変でしょ」と指摘しましたが、

 

 

ジュリー社長、分かりやすっ!「応募倍率、松本潤が木村拓哉を超えた!」報道に隠されたトリック

 

 

その後、様々なメディアが後追い記事を出してます。

 

 

[以下引用]

「昨年11月、主演映画『THE LEGEND&BUTTERFLY』のプロモーションを兼ねて、岐阜県岐阜市で開催された〝ぎふ信長まつり〟に信長役で参加したんです。この優先観覧席の定員が1万5000人。募集を掛けたところ応募総数は96万人で倍率は64倍。しかし、スポーツ紙は松潤のイベントが最終的に倍率が196倍だったと盛んに報じ、キムタクよりも松潤の方が人気で注目されているかのような、印象操作に近い記事を掲載したんです。そもそも、応募総数は松潤が17万人で、キムタクが96万人。どう考えても比較対象になるような話ではありません」(芸能プロ関係者)

 

キムタクをダシにしてまで松潤を持ち上げる理由だが、実にさまざまな臆測が飛び交っているのだ。

 

「ジャニーズ事務所は滝沢秀明が副社長を辞任し、完全に社長のジュリー体制になった。このジュリー氏が一から育て、かわいがってきたのが『嵐』。中でも松潤は大のお気に入り。なんとしても主演作の『どうする家康』をヒットさせたい。キムタクにしてみたら、苛立ち以上の感情を抱いているはず。実際、内部崩壊をした人気グループの『King & Prince』や退社した滝沢のように、キムタクにも造反の可能性が指摘されている」(事情通)

[週刊実話]

 

 

さすがに織田信長を続けたら飽きられちゃうので、やるとしたら伊達政宗なのでは?

 

 

って、その前にまずは映画を成功させないと。。

 

 

 

 

 

さて、キムタクが大河で一度も主演を務めていないのは、芸能界の謎の一つ。

 

 

その辺り、真相は飯島さんに聞いてみないと分かりませんが、もし本人がヤル気になっていたとしても実現する可能性は低いような気がします。

 

 

というのも、松潤が先に大河主演をやってしまうから。

 

 

もし「どうする家康」が高視聴率を叩き出したら、後輩に「勝って当然」のキムタクには半端ないプレッシャーが掛かるはずで、正直、オイシイ仕事ではありません。

 

 

それでも強行して視聴率で負けようものなら、マスコミにケチョンケチョンに書かれるのは必至。

 

 

なにしろ、守ってくれるはずのジュリー社長自身が、大喜びで「松潤との比較記事」を書かせるでしょうから・・

 

 

逆に「どうする家康」が低視聴率に終わった場合、そもそもジュリー社長がキムタクへの大河オファーを受けるとは思えません。

 

 

松潤が負ける可能性が高いですからね。

 

 

なので、キムタクの大河出演が現実になるとしたら、静香コネクションでバーニングを後ろ盾にジャニーズを独立してからになるのでは?

 

 

その時はぜひ、音楽担当として元カレの良亀さん・・じゃなくてYOSHIKIさんにお願いしてみてはいかがでしょうか、静香さん?

 

 

木村拓哉、YOSHIKIにバカにされる。