この記事は約 3 分で読めます

[スポンサーリンク]

 

 

タッキー&キンプリの対処騒動以降、ジュリー社長の世間からの嫌われっぷりは、SMAP騒動時の故・メリーさんを彷彿とさせます。

 

 

というか、それ以上?「まさに母娘・・」といった感じですが、二人の間には決定的な違いがあるといいます。

 

 

[以下引用]

メリーさんは、それは厳しく接する部分も多かったが、あくまで所属タレントたちに『全員うちの息子』と呼ぶほどに絶対的な愛があった。それは実弟のジャニーさんも同じこと。しかし、ジュリーさんにはタレントたちへの愛を感じないし、とにかく “えこひいき” が酷すぎる」(ジャニーズ番組プロデューサー)

 

今回、キンプリ脱退組との確執が表面化したのも、晩年は関係が悪化していたという『ジャニー前社長が最後に産み出したグループ』というところにあるという。

 
「ジャニーさんとキンプリメンバー、特に平野との信頼関係が強すぎた。ジャニーさんの死後、ジュリーさんはジャニー色の強いキンプリを毛嫌いするようになっていたが、将来のジャニーズにとって一番大事にしなくてはいけないグループ。当然、沢山のオファーもあるので、メリーさんは気が進まないながらもマネジメントしていた。しかしその後、ジャニーさん色の薄い『なにわ男子』のデビューを決めると、キンプリを放置状態にした」(ジャニーズに近い芸能関係者)
 

他にも、ジュリー社長のえり好みは激しく、あげくの果てには現在高校生だという愛娘の好き嫌いまで、マネジメントに反映させているという。

 
「異常なまでに押されている『なにわ~』の道枝駿佑は、愛娘の一番のお気に入り。そんな感じで親子揃って “えり好み” するものだから、その路線から外されたグループに待つのは冷遇しかない。そんなことばかりしているから、所属タレントの多くも不信感を持っているし、裏ではっきりと『ジュリーいらねーよホント』と文句を言う者も多い」(同前)
 

会社のトップ自ら、所属タレントを好き嫌いでマネジメントしているようでは、やはりジャニーズ事務所の崩壊は免れないか。

[覚醒ナックルズ]

 

 

つまり、メリーさんも強烈なキャラではあったものの、所属タレントに対しては厳しくも愛情を持って接していたと。

 

 

手越くんなどは、ああ見えてメリーさんに対してだけは礼儀正しく接していたそうで、そんな理由から守ってもらっていたようです。

 

あの騒動のときも、

 

 

手越の相手はジュリー?フライデーのキス写真は枕営業の決定的瞬間か

 

 

メリーさんは文春の取材に対して直々に擁護コメントを出して、

 

 

「こんなことは異例だ!」

 

 

と、驚きの声が上がってましたから。

 

 

ただ、アノ人だけは蛇蝎のように嫌われていたそうで。。

 

 

◆呼んだ?

KAT-TUN 【公式写真】・・ 田中聖 ✩ ジャニーズ公式 生写真【スリーブ付 a13
KAT-TUN 田中聖✩ジャニーズ公式生写真

[Amazon]

 

 

一方、ジュリーさんは興味のないタレントには徹底的に冷たく接するんですね。

 

 

ただ、過去の記事を見ると、オキニからも人望はないようで・・

 

 

 大野に錦戸、田口…ジュリーが開催したマスコミ接待の参加メンバー

 

 

TOKIOやV6、嵐、関ジャニといった”ジュリーライン”のグループメンバーは””ジュリニ”として優遇されているはずですが、長瀬くんも辞めてしまいました。

 

 

 

平野紫耀から仕事を強奪してオキニに回す!ジュリー流の依怙贔屓マネジメントで思い出すアノ人

 

 

そう考えると、意外とこのウワサも本当だったりして?

 

 

ジュリニ筆頭格なのになぜ?亀梨和也が次の退所候補者として急浮上

 

 

メリーさんにはこんな因果応報が返ってきましたが、

 

 

8月14日。メリーさんとSMAP

 

ジュリーさんも経営者ですし、選り好みはホドホドにしないと、ジャニーズ事務所を潰してしまうんじゃないでしょうか・・